肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱 » 肝臓機能を助ける犬猫用サプリメントまとめ » レバエイド

レバエイド

このページでは、犬用の肝臓の健康をサポートしてくれるサプリメント「レバエイド」について紹介します。

レバエイドの特徴

レバエイド商品画像
引用元:株式会社カラーズ
公式オンラインショップ
(http://www.green-dog.com/shop/products/
detail.php?product_cd=NTHVRED1-00)

成犬・シニア犬向けサプリ

高度な臨床栄養学に基づいて開発された粉末タイプの総合栄養サプリメントです。
歳を取って肝臓の健康が気になる成犬・シニア犬や抗生物質やステロイドなどの薬を長く服用している愛犬におすすめ。

製造ブランドの「ナチュラルハーベスト」は安全性にこだわっていて、人への使用が禁止されている原材料や遺伝子組み換え作物、人工保存料、人工添加物は使用していません。

パッケージは酸素遮断素材や真空パック、脱酸素剤などを使って劣化対策も行っています。

主成分は?

肝臓に欠かすことのできないタンパク質がサプリの成分の20%以上を占めています。タンパク質の合成を助けてくれるグリシン・アラニン・アスパラギン酸といったアミノ酸や、脂肪が余分に蓄積されないよう糖質の分解を促進してくれるビタミンB1も含有。

健康な肝臓を作るために必要な豚腎臓・魚油などの食材やタウリンも配合されています。また、プロバイオティクスも含んでおり、腸内環境を健康に整えてくれますよ。

安全性は?

米国飼料検査官協会であるAAFCOが定めている栄養基準を満たしています。天然の原材料を使用していて、ペットにとって有害な合成保存料や人工香料、着色料は使われていません。シニア犬でも採りやすいよう、サプリはパウダー状になっています。

与え方は?

粉末タイプなので、食事に振りかけたり水と混ぜてペースト状にしたりなど、ペットの好みに合わせて与えることが可能です。

1日あたりの摂取目安量として、成犬の場合体重が1kgで30g、5kgで85g、10kgで140g、シニア犬の場合1kgで25g、5kgで80g、10kgで125gと細かく設定されています。これらの量を1日の食事回数に分割して与えるといいでしょう。

レバエイド愛用者の口コミ

  • 「シニア犬の肝臓の数値が悪くなりダイエット用フードと一緒に毎食与えたところ、数値が安定してきました」
  • 「飼い犬の肝臓の数値が悪く、食事にも気をつかおうと頼んでみました。トッピングとして特に問題なく食べてくれます」
  • 「血液検査で肝臓の数値が高かったため、トッピング用に購入。ミルクの香りが良かったのか、あっという間に食べ終えましたよ」

レバエイドの基本情報

公式HPの情報をもとに、レバエイドの基本的な情報をまとめてみました。

与える量は体重によって異なりますが、小型犬であれば1ヶ月で約12,000円、大型犬なら約30,000円かかります。「できたてのおいしさ」を追求して、原材料やパッケージなど商品作りにこだわった安全性の高い製品です。

販売会社 株式会社カラーズ
主な成分 ミルクホエイ/精製白米/鶏卵/全粉大豆/グルコース/ビール酵母/ホエイプロテイン/ビートファイバー/菜種油/スキムミルク/リン酸カルシウム/プロバイオティクスなど
内容量 150g(成犬・シニア犬5kgで約2日分)
500g(成犬5kgで約5日分・シニア犬5kgで約6日分)
価格 150g:700円(税抜)
500g:2,000円(税抜)
レバエイドの公式HPで
さらに詳しい情報をみる