肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱 » 犬猫の肝臓の働きと病気の関係 » 血液検査でわかる数値

血液検査でわかる数値

ペットが肝臓病になってしまったとき、獣医さんの説明をきいても「今どんな状態なのかわからない」「動揺して質問しそびれてしまった」という飼い主さんは多いでしょう。

今の状況をきちんと把握して、大切なペットに最善の治療を受けさせてあげるために──ここでは、犬や猫の血液検査結果で耳にする専門用語や数値について、飼い主さんにわかりやすく解説します。

犬の血液検査の数値について
詳しく知りたい方はこちら
猫の血液検査の数値について
詳しく知りたい方はこちら

肝臓病が疑われるときに行う検査

犬や猫が「肝臓病かも?」と思われる場合、まずは血液検査を行うことがほとんどです。血液検査では、ALT(GPT)やAST(GOT)などの数値を確認し、どの病気にかかっているのか確認していきます。

ALT(GPT)

ALTとは、「アラニンアミノトランスフェラーゼ(アラニンアミノ基転移酵素)」の略。肝臓に多く含まれる「酵素」のことです。

アミノ酸の代謝にかかわる酵素で、正常値をオーバーすると、肝臓がなにかしらの損傷を受けていると考えられます。ALTの数値が高くなればなるほど、肝炎・脂肪肝・肝臓がん・肝硬変といった、命にかかわる肝臓病が疑われます。

AST(GOT)

ASTとは、「アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ」の略。肝臓や心臓、赤血球に多く含まれる「酵素」のことです。

ALTと同じく、アミノ酸の代謝をしてくれる酵素で、正常値をオーバーすると、肝細胞の壊死・筋肉が壊れている(筋炎)・赤血球が壊れている(溶血)といった症状が疑われます。

ASTの数値が高い場合、肝臓病以外の原因も考えられますが、ASTがALTよりも高い場合は、肝硬変・肝臓がん・急性肝炎の可能性が高いと判断されることがほとんどです。

ASTも肝臓の細胞が壊れたとき(肝炎・肝臓腫瘍・中毒など)に上昇しますが、心臓の病気(心筋症など)や赤血球が壊れる病気(溶血性貧血・玉ねぎ中毒など)でも上昇することがあります。肝臓の病気の場合、血液検査の数値としては「ALT>AST」になることが多く、「ALT<AST」となっている場合には肝臓以外の心臓・筋肉・赤血球などの病気も疑われます。

ALP

ALPとは「アルカリホスファターゼ」の略であり、肝細胞で産生され、胆汁中に排泄される肝酵素の一種です。

ALTやASTと比べると胆汁うっ滞や胆のう炎などの胆道系の異常で上昇しやすいですが、肝障害の時も大きく上昇します。脂肪肝の場合には、ALTやASTが正常でもALPが上昇することがあります。犬では軽症でも大きく上昇することがありますが、猫で上昇している場合には大きな異常である可能性が高くなります。

ALPは肝臓病以外にも、ホルモンや骨の異常、あるいは妊娠時にも上昇します。

 

アンモニア

アンモニアは血液検査項目で「NH₃」と表記されることもある項目で、他の血液検査と違い、肝臓の機能自体の異常を見るために測定する検査項目です。

アンモニアは、体の中で発生する毒素の一種であり、肝臓が正常に働いているとうまく代謝(処理)されるため、体の中にたくさん溜まってしまうことはありません。ただし、肝臓がしっかり働いていないとアンモニアを代謝できなくなり、体の中に蓄積してしまいます。肝機能が落ちていても空腹時にはアンモニアが上がらないこともあるので、しっかり検査をする場合には食後にアンモニアの測定を行う必要があります。

犬の血液検査編

肝臓病が疑われる犬の血液検査では、ALT・ASTをチェックします。獣医さんによっては、ALPやGGT(ɤ-GTP)も調べる場合があります。

肝臓病(肝障害)が疑われる犬の血液検査では、通常ALT・AST・ALPをチェックします。肝機能の低下(肝不全)が疑われる場合にはアンモニアを測定することが多いです。そのほか、状態によってGGT(γ‐GTP)やアルブミン、血糖値、総胆汁酸などの測定を行うことも多いです。

健康そうな犬の写真

                                         

犬の基準値
ALT(GPT) 20~99 IU/l
AST(GOT) 18~65 IU/l
ALP 49~298 IU/l
アンモニア 30~88 μg/dl

参考:フジフィルム モノリス株式会社
http://www.monolis.com/publics/index/147/

ALT・ASTはともに「逸脱酵素」と呼ばれ、肝臓に何らかのダメージがあると肝臓の細胞の中から血液中に漏れ出て来る物質です。そのため、ALT・ASTが上昇する場合には肝臓にダメージや負担があるという意味になります。

犬の場合、アミノ酸不足・抗がん剤やフロントライン(駆虫薬)の服用でも、ALTの数値が高くなります。

ASTは、肝臓以外の症状によっても数値が上昇しますが、ALTとASTが同時に上がっているなら、まず肝臓が問題でしょう。特に、急性肝炎の場合、AST・ALTともに通常では考えられないような上がり方なので、すぐに判別しやすいといわれています。

ALPは肝臓の中あるいは肝臓の外(胆管や胆のうなど)で胆汁の流れが悪くなっているときに上昇します。肝炎や脂肪肝、肝臓腫瘍などでも上昇しますし、胆嚢粘液嚢腫や胆のう炎などの胆嚢疾患でも上昇しやすくなります。また、ホルモンや骨の異常でもALPが上がることがあります。そのため、ALPが上昇している場合には、肝臓以外にホルモンや骨の異常がないかどうかを調べる必要が出てきます。また、太っていてALPが高い犬の場合は、脂肪肝である可能性も高く、低脂肪食を食べさせた方がいいこともあります。

アンモニアが上昇している場合、肝硬変や肝臓の血管異常など、肝臓の機能がかなり低下してしまっている可能性が高いです。ALTやAST、ALPなどは例え数値が高くても、これらの物質自体が体に害を与えることはありませんが、アンモニアは体の毒になり、アンモニアが高いと「肝性脳症」という状態に陥ってしまいます。肝性脳症の初期は食欲不振や元気の消失くらいの軽い症状になりますが、アンモニアが著しく高くなると興奮やけいれんを起こしたり、昏睡状態に陥ってしまうこともあります。そのため、アンモニアが上昇している場合には直ちにアンモニアを下げる治療が必要になります。

ちなみに、犬の血液検査をするときは、前足か後足の静脈、首から採血することがほとんどです。体毛で隠れている細い血管に、人間用よりも細い注射針を刺すので、じっとさせるのが大変かもしれません。
特に、大型犬だと力も強いので、飼い主さんがリラックスしながら優しく話しかける・採血の間抱っこしてあげるなどの協力が大切です。

猫の血液検査編

猫も犬と同様ALTやAST、ALPの数値を測定します。また、肝機能の検査のためにアンモニアのチェックを行うことも多いです。

元気そうな猫の写真

猫の基準値
ALT(GPT) 18~108 IU/l
AST(GOT) 8~52 IU/l
ALP 30~190 IU/l
アンモニア 20~100 μg/dl

参考:フジフィルム モノリス株式会社
http://www.monolis.com/publics/index/147/

猫の場合、キャットフードに含まれる成分によっても、ALTの数値が上がることがあります。添加物や脂肪分など、肝臓に負担がかかる成分が含まれている可能性が高いので、フードの質から見直す必要があるでしょう。

ASTは、肝疾患以外の心臓・骨格筋や血液のトラブルでも数値が上がります。特に猫は心臓の病気である「心筋症」が多く、無症状でもASTのみが上がっている場合には心臓のエコー検査なども必要になります。

また、猫ではALPは比較的上昇しずらいため、ALPが増加している場合には重度の胆管肝炎や胆道閉塞、脂肪肝などが疑われます。ALPが上昇している場合には、ビリルビンやGGTなども追加で測定し、病気の重症度を把握することもあります。

アンモニアは、猫では先天性の肝臓病や重度の肝不全以外に、重度の腎不全でも上がります。そのため、高齢の猫のアンモニアが上昇している場合には肝臓だけでなく、腎臓に原因がないかどうかを調べてもらう必要があります。犬と同じようにアンモニアが増加すると、神経の異常からけいれんが起きたり、昏睡状態になってしまうことがあります。

血液検査では肝臓に異常があるというのはわかることが多いですが、どんな異常なのかはわからないことがほとんどです。エコー検査などの画像診断を組み合わせて病気の診断を行っていくことが多くなります。

なお、猫の血液検査をするときは、内股の静脈を使うことも多いです。そのほか、首や前足の静脈から採血することもありますが、「お手」に慣れている犬と違い、自由気ままな猫はじっとさせるのが難しいもの。するどい爪で引っかこうとする子もいますし、血管自体が細く傷つきやすいので、採血が難しいといわれています。

病院へ連れていくことは、ペットにとって大きなストレスです。ましてや、採血をしたあとの疲労はかなりのもの。帰宅したあとは、できるだけ優しく接してあげてくださいね。