肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

HOME » 犬猫の肝臓の働きと病気の関係 » 肝臓病の原因

肝臓病の原因

ここでは、犬と猫が「肝臓病」を発症してしまう原因について説明します。ベストな治療を受けさせてあげるために、肝臓病について理解していきましょう。

犬の肝臓病の原因について
知りたい方はこちら
猫の肝臓病の原因について
知りたい方はこちら

犬と猫の肝臓について

まず、犬と猫の肝臓について、基本的な知識をご紹介します。

肝臓は「摂取した栄養分を分解・貯蔵する」「体内に発生した毒素を分解・無毒化する」など、動物が生きていく上で欠かせない機能が数多く備わっている器官です。また、再生能力がとても高いといわれています。

他の臓器で補うことができない、大切な働きをしている肝臓。病気には特に気をつけたい器官の一つですが、痛みを感じる神経が通っていない上に、再生能力が高いおかげで症状が表面化しにくいという、やっかいな一面もあります。

わたしたちの目に見える症状が表れたときには、病気がかなり進行していると考えましょう。

肝臓病の原因【犬編】

ひと口に肝臓病といっても、さまざまな肝臓の疾患をひっくるめた病名なので、「肝臓病の原因はこれ」と1つに断定できません。

けだるそうな犬の写真

犬が肝臓病になる代表的な原因

  • ウイルスや細菌、寄生虫などへの感染
  • 自己免疫性、中毒性の慢性肝炎
  • 薬や毒物による中毒性肝炎
  • 銅中毒の一種である銅蓄積性肝臓病
  • がん細胞などによる腫瘍性肝臓病

さらに、遺伝で「門脈体循環シャント」という病気になりやすい犬種もいます。

門脈とは、消化管から肝臓へ流れ込む部分の血管(肝門脈)のことです。この血管は、毛細血管網にはさまれていることから、先天的に詰まり・損傷などの異常をきたしやすくなっています。そのため、肝臓病になりやすいのです。

門脈体循環シャントになりやすい犬種

  • ヨークシャーテリア
  • ケアーンテリア
  • マルチーズ
  • ミニチュアシュナウザー
  • アイリッシュウルフハウンド
  • オールドイングリッシュシープドッグ
  • シーズー

肝臓病の原因【猫編】

猫の肝臓病も、犬と同じく「ウイルスや細菌、寄生虫などへの感染」「自己免疫性、中毒性の慢性肝炎」といった原因によって発症します。

けだるそうな猫の写真

猫が肝臓病になる代表的な原因

  • ウイルスや細菌、寄生虫などへの感染
  • 自己免疫性、中毒性の慢性肝炎
  • 薬や毒物による中毒性肝炎
  • 銅中毒の一種である銅蓄積性肝臓病
  • がん細胞などによる腫瘍性肝臓病

他にも、猫特有の「肝リピドーシス」が原因となり、肝臓病を患うことも…。

肝リピドーシスとは、異常なホルモンバランスや、急激なダイエットなどによって引き起こされる病気です。引越しやよその家に預けられる・栄養バランスの悪い食事が続くといった、生活環境の変化でも発症してしまう恐ろしい病気なので、注意してくださいね。

肝リピドーシスにかかりやすいのは、中年齢で太り気味の猫だといわれています。ですが、年齢や体型にかかわらず、猫はストレスに弱い生きもの。特に病気にかかっているときは普段よりストレスを感じやすいので、できるだけいたわってあげてください。

まとめ

肝臓病は、毎日きちんとお世話をしていても、症状がかなり進行するまで気がつきにくい病気です。

大切なペットが肝臓病と診断されたとき、「もっと早く気づいてあげられたら…」と悩む飼い主さんも多いですが、なかなか気づけない病気なので自分を責めることはありません。過ぎてしまったことよりも、これからどうすればいいのか、前向きな気持ちで治療について考えましょう。

このサイトでは、犬と猫の肝臓病についてさらに詳しく紹介しています。ベストな治療を受けさせてあげるために、肝臓病についてより深く理解してあげてくださいね。