肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱 » 犬猫の胆嚢疾患について » 胆石症

胆石症

犬・猫の胆嚢疾患のなかでも、ここでは「胆石症」の原因や症状について解説します。

犬の胆石症について
知りたい方はこちら
猫の胆石症について
知りたい方はこちら

犬の胆石症

胆汁を生成して貯蔵する臓器である、胆嚢(たんのう)。その胆嚢に蓄えられた胆汁が、結石化してしまったのが「胆石症」です。

もともと胆汁は、サラサラした流れやすい分泌液なのですが、なんらかの原因で異常をきたすと、ドロドロしたり硬化したりして、胆泥(たんでい)や胆石となってしまいます。

胆泥や胆石ができたからといって、すぐに犬の命がおびやかされるわけではありません。
ですが、胆石が胆管に詰まる・胆嚢の重度炎症が起こるなどによって、重症化。胆管閉塞・胆嚢破裂・腹膜炎・胆嚢炎・胆管肝炎・腫瘍疾患など、生命の危険を脅かす病気をひき起こす原因ともなります。

また、胆嚢と密接に関係している肝臓疾患を招く要因ともなるため、胆石症も危険な病気のひとつだといえるでしょう。

犬が胆石症になる原因

胆石症はさまざまな要因で引き起こされるため、一概には原因が特定しにくいといわれています。

考えられている原因は、甲状腺機能低下症・糖尿病・膵炎(すいえん)・肝胆道系疾患・高脂血症といった病気のほか、薬剤による中毒、食生活の乱れによる肥満・運動不足、老化や遺伝などがあります。

胆石症が遺伝しやすい犬種

  • シーズー
  • シェルティ
  • ダックス
  • シュナウザー

これらの犬種を飼っている方は、より注意が必要でしょう。

犬が胆石症になったときの症状

胆石症の代表的な症状は、黄色や緑色の液体や未消化物を吐く、水上や泥状の便をするなどの特徴があります。白っぽい脂肪便をすることもあるので、吐しゃ物や排便をよく観察するようにしてください。

そのほか、食欲の低下や絶食。お腹を触ると嫌がったり、威嚇したりする。お腹が膨れる・呼吸が荒くなるといった行動もみられます。

耳介・腋の下・腹部が熱っぽい。耳介の内側や歯肉、白目に黄疸があらわれる、もしくは白味が強くなる。口をくちゃくちゃさせる、などの症状があらわれることもあるので、ふだんからペットの行動や様子をチェックするようにしておきましょう。

犬の胆石症を治療する方法

確実に治したいのであれば、外科手術での治療となるでしょう。

しかし、症状や患部の状態、体質・体力などによっては、腹膜炎といったリスクがあるため、投薬などの内科治療ですすめていくこともあります。

抗菌薬や抗生物質、タウリン・グルタチオン・グリチルリチン・チオプロニン・アミノ酸などの強肝剤、ウルソデオキシコール酸・トレピブトンなどの利胆剤をはじめ、胆嚢収縮改善薬、脂質代謝改善薬などを投薬します。

猫の胆石症

猫の胆石症の原因は、特定の要因があるわけではなく、なにかしらの影響で胆汁の成分が変質してしまうことで発症します。

正常な胆汁は水のように流れやすく、詰まることはありません。それが胆汁成分の変質によって粘着質化して胆泥(たんでい)となり、さらに悪化して硬質化した結果、胆石となってしまうのです。

猫が胆石症になったときの症状

猫の胆石症でみられる症状としては、食欲不振・嘔吐・黄疸・体重減少などの兆候があらわれます。
はじめは無症状でなかなか気づきませんが、胆石の位置しだいでは猫が激痛を感じることも。ペットの痛がる様子をみて、異変に気づく飼い主さんがほとんどです。

胆石症になっても猫の命に直接かかわるわけではありませんが、発症すると約5~8割の肝機能が障害をひき起こしているという一説もあります。猫も苦しいだけですし、早め早めの治療をしてあげてください。

猫の胆石症を治療する方法

猫が胆石症になった場合、抗生物質の投与、または外科的手術での治療となります。

あらゆる要因で罹患するため、治療はその原因にあわせて変わり、一概にこの方法がよいとはいえません。しかし、もっとも確実性が高いのは、外科手術による患部の除去でしょう。

ただ、猫は体が小さいぶん、体力的な問題で手術が難しいケースがほとんど。そのため、抗菌薬・抗生物質・強肝剤・利胆剤・胆嚢収縮改善薬・脂質代謝改善薬などの薬を服薬する、内服治療になることがほとんどです。

強肝剤では、タウリンのほか、グルタチオンやグリチルリチン、チオプロニン、アミノ酸など。利胆剤ではウルソデオキシコール酸、トレピブトンなどが用いられることが多いようです。