肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱 » 犬猫の胆嚢疾患について » 胆泥症

胆泥症

このページでは、胆嚢疾患のなかでも特に犬がかかりやすい「胆泥症」の原因や症状、治療法について解説します。

胆泥症の原因と症状

胆泥(たんでい)症とは、胆汁が変質してしまい、ドロドロの泥状になったものが胆嚢(たんのう)にたまってしまう疾患です。

胆汁は、脂肪を消化するために必要な成分。肝臓で生成されて胆嚢に貯蔵され、犬が食事をすると胆嚢は収縮し、それと同時に胆汁が総胆管を通って十二指腸に分泌されます。
しかし、胆泥症になってしまうと、泥状になった胆汁が総胆管に詰まってしまい十二指腸に分泌されず、食べ物をうまく消化することができなくなるのです。

胆汁が泥状ではなく結石状になれば「胆石」ですが、犬の場合は胆石症よりも胆泥症のほが罹患しやすいといわれています。

原因は、胆嚢炎のほか、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などの内分泌疾患だといわれています。胆嚢炎と併発して肝障害が引き起こされていたり、総胆管が閉塞したりしている場合は、食欲の減退・おう吐・発熱・腹痛といった症状が…。
さらに、総胆管が完全に閉塞すると、黄疸が出てしまいます。

症状が進行して重症化してしまうと、最悪の場合、胆嚢や胆管が破裂・腹膜炎を起こすこともあるため、注意が必要です。

胆泥症の治療法

もしも胆泥症にかかってしまったら、どのような治療法があるのでしょうか。

胆泥症の代表的な治療法としては、利胆剤で症状の改善をはかる方法があります。利胆剤で胆汁の生成をうながすことで胆汁の流れをよくするほか、胆嚢から胆汁の排泄を促進。総胆管の詰まりを解消していきます。

甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などの内分泌疾患・胆嚢炎・肝障害などにともなう胆泥症のケースでは、原因となる疾患もあわせて治療することが必要です。その場合、抗生物質・消炎剤・ホルモン剤などを投与します。

また、胆泥がたまることで、胆嚢が肥大化している・胆嚢壁がもろくなって破裂の危険性がある・総胆管が閉塞してしまうリスクがあるケースでは、患部にメスを入れて切除することも。

しかし、原疾患もないうえにこれといった症状もなく、肝障害なども起きていなければ、特に治療はせずに経過観察することになります。