肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

HOME » 肝臓の働きを良くする方法 ~犬猫編~ » 肝臓に良いサプリを与える

肝臓に良いサプリを与える

このページでは、犬・猫の肝機能をサポートしてくれる、おすすめの成分を紹介していきます。

ペット用サプリメントを選ぶときは、価格や知名度ではなく、ペットの健康管理に役立つ成分かどうかしっかり確認してくださいね!

ペットサプリでかしこく食事管理

一般的なペットフードだけでは、犬や猫の肝臓の働きを高めることは難しいでしょう。

本当は、好みや健康状態を知っているわたしたち飼い主が、肝臓にいい食材で彼らの食事を自作してあげるのがいちばん。ですが、いくら愛犬・愛猫のためとはいえ、毎回食事を自作するのも大変ですよね。

そこで活用したいのが、ペット用のサプリメント。かしこく使えば、お手軽にペットたちの食事管理ができるうえ、食事を手づくりする手間もはぶけて一石二鳥です。

健康そうな犬の写真

だからといって、ペットサプリであればどれでもいいというわけではありません。

しっかりと、犬や猫たちの肝臓の働きを助ける成分にこだわったサプリでなければ、あげても作用は期待できないでしょう。では、どのような成分が犬・猫の肝臓にいいのでしょうか。

【犬・猫の肝臓に働くおすすめ成分】

ニカショウ(荷花掌)

100歳以上の人が多く、世界有数の長寿村として有名な、中国広西バーマヤオ村で発見されたベンケイソウ科の植物。

カロテノイド・フラボン・ポリフェノール類・核酸・サポニン・多糖類が豊富に含まれており、肝臓はもちろん、血糖値の抑制や胆嚢(たんのう)に対しても働くといわれています。

マリアアザミ(ミルクシスル)

地中海沿岸を原産地とする、キク科オオアザミ属の2年草。英語名のミルクシスルとしても知られています。

活性成分は、シリマリンと呼ばれるフラボノイドの複合体。アリアアザミの種子は、2,000年以上前から西洋では肝臓疾患などに利用されてきた実績があります。

β-グルカン

メシマコブや霊芝などに含有される多糖で、強い免疫賦活作用や制癌作用のある成分として注目されています。

AHCC

活性化された多糖類関連化合物のこと。大型タンクでキノコ類の菌糸体を長期間培養して抽出します。

低分子でβ-グルカンよりも吸収されやすいのが特徴です。

BCAA

アミノ酸の一種で、筋肉の回復や分解を防ぐ働きがあります。血中のアミノ酸濃度を下げないようにする作用が期待できる成分です。

アガリクス

免疫賦活作用をはじめ、がん予防や抗がん作用があるとされる成分。もともとは、ハラタケ属のキノコ1種の通称。

プラセンタ

プラセンタを和訳すると、胎盤です。

アミノ酸・たんぱく質・糖質・ビタミン・核酸・活性ペプチド・脂質酸・脂肪酸・ムコ多糖体・ミネラル・酵素などがふんだんに含まれており、肝臓に対して多角的に作用してくれます。

肝臓によいとされる成分を含むサプリメントの詳細はこちら>>