肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱 » 肝臓の働きを良くする方法 ~犬猫編~ » 適度に運動させる

適度に運動させる

犬や猫の肝機能を高める方法のうち、このページでは「運動」について説明します。

ペットにおすすめの運動方法

人間でもそうですが、犬や猫の肝臓のためにもさせておきたいのが、運動です。

いくら食事面で体質改善をはかっても、運動不足であれば十分な効果はえられません。自由に出入りできる状況の猫ならまだしも、犬は飼い主の生活習慣にあわせてしまう傾向があります。そのため、わたしたちがあまり運動をしなければ、犬も必然的に運動不足になりがちに…。

ペットたちに運動させることは、わたしたち飼い主の健康にもつながるので、一石二鳥ですよね。
大切なペットともに健康的な日々を送るためにも、おすすめの運動をいくつか紹介していきます。

散歩中の犬の写真

ペットにおすすめの効果的な運動方法一覧

散歩

犬の運動の定番といえば、散歩。飼い主さんも一緒にウォーキングできるので、まさに一つを放って二つを得る運動です。

リードとトイレ用具さえあれば、どこでもできる手軽さもおすすめ。老犬でも無理なくできますし、外を歩いていろいろなものを目にしたり、耳にしたりすることで適度な刺激にもなり、精神的なストレス発散にもなるでしょう。

ジョギング

散歩より少しハードですが、元気いっぱいのワンちゃんや、散歩になれてきた子にはジョギングをさせてあげると良いでしょう。

ポイントはあまりスピードをあげず、一定の速さで走ってあげること。ストップアンドゴーを繰り返すと、犬たちにも負担ですし、何よりわたしたち飼い主が疲弊してしまいます。

ルームランナー

外出が苦手な犬や、雨の日・事情があって外出できない日などは、ルームランナーもあり。犬も、慣れると上手にルームランナーで走ってくれます。

それなりの場所と投資が必要なため、誰でも使える方法ではありませんが、条件が許せばチャレンジしてみてくださいね。

おもちゃ

ボールやぬいぐるみなど、犬用のおもちゃを投げて拾わせます。ルームランナーのようにお金もかかりません。

取ってこさせる、くわえたものを離すというしつけにもなりますし、室内でもちゃんと運動不足が解消できますよ。

スイミング

川や池など、犬が泳げる場所があれば水泳も効果的な運動です。犬かきですいすい泳ぐ姿は愛らしいですし、とくに夏場などは好んで入ってくれるでしょう。

水に入るだけでもストレス発散になるようです。

ドッグラン

ドッグラン・ドッグパークがあれば、自由に走り回らせてあげてください。犬同士でコミュニケーションを深めたり、リードなしで好きなように遊びまわれるので、かなりリフレッシュできるはずです。

ただし、ほかの犬を攻撃したりしないよう、十分に注意してください。

猫の場合は、こうした方法は活用できないので、ネズミのおもちゃやキャットタワーを導入して、積極的に遊ぶ環境を作るようにしましょう。