肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱 » 犬猫の肝臓疾患について » 門脈体循環シャント

門脈体循環シャント

こちらのページでは、犬と猫の「門脈体循環シャント」について説明します。

門脈体循環シャントとは?

犬や猫が患う門脈体循環シャントとは、肝臓へとつながる血管の病気です。「門脈体循環短絡症」、「門脈シャント」、「PSS(Portosystemic Shunt)」とも呼ばれます。

門脈とは、胃腸管や脾臓などの臓器と肝臓を結ぶ血管で、アンモニアなどの有害物質や栄養素を血液とともに運びます。シャントとは、この門脈から大静脈へ異常に伸びた血管で、本来は犬猫の体内に存在しません。

肝臓では本来有害物質を解毒しています。しかし、シャントがあることで、有害物質が直接大静脈へ流れ込み、全身を巡ります。結果、ペットを苦しめる症状が表れるのが門脈体循環シャントです。

門脈体循環シャントの症状

門脈体循環の症状は、消化器系だと食欲不振や下痢、嘔吐など。有害物質が脳に影響し「肝性脳症」になることもあります。門脈体循環シャントになっているペットはよくヨダレをたらしたり、ふらついたりします。重度の場合はけいれん発作を起こすこともあるので、普段からよだれが出やすいなら注意が必要です。

肝臓自体の大きさが小さくなる「小肝症」という合併症も起こりえます。肝臓で処理できない有害物質が腎臓から排出され、結石ができることも。結果として膀胱炎や血尿などとして表れます。門脈体循環シャントは最悪死ぬ可能性もある病気です。大事な犬猫が少しでもおかしな様子を見せたら、すぐに病院で相談するといいでしょう。

門脈体循環シャントの原因は?

門脈体循環は先天性と後天性の両方の可能性があります。もともと門脈の血管奇形の状態で生まれてくるのが先天性です。

後天性は、肝臓や門脈の病気が原因でシャントが発生します。たとえば、ひどい肝炎や肝硬変などです。肝臓にスムーズに血液が流れず、溜まった血液を逃がすためにシャントができるのです。

また、門脈の血圧が何かの理由で高い状態が続くと、血圧を安定した状態に戻すために、門脈から大静脈へつなぐシャントが形成されます。

門脈体循環シャントの治療方法は?

基本的には外科手術が多いですが、薬を飲ませたり、食事療法を選択したりすることもあります。先天性の場合は、たいていの場合外科手術です。後天性の門脈体循環シャントは、症状の度合いやシャントの位置などを考えて治療方法を決定します。

外科手術

開腹手術以外にも、腹腔鏡手術が可能です。門脈の血圧に注意しながら、シャント血管を閉鎖し、大静脈に血液が流れないようにします。動物病院にもよりますが、入院期間はだいたい3日間です。合併症がなく、容態が安定していれば退院できるでしょう。

投薬療法

おもな有害物質であるアンモニアが体内で発生したり、吸収されたりしないように薬を投与します。また、すでに現れている症状を抑える薬もあり、ペットが快適に過ごせるようにサポートしてくれます。

食事療法

投薬治療と同じく、アンモニアに焦点をあてた療法です。食事を低たんぱく質のものに変え、体内で有害物質を発生しにくくします。