肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

HOME » 犬猫の肝臓疾患について » 肝不全

肝不全

このページでは、犬と猫がかかりやすい肝臓病のなかでも、特に恐ろしいといわれる「肝不全」について解説します。

ちなみに、肝不全の症状や原因、治療方法は、犬も猫も同じです。

肝不全とは?

肝不全とは、肝臓に重度の障害がおこり、肝機能が停止してしまう病気です。

一般的に、肝臓の機能は、20%以上稼働していれば問題ないといわれています。ですが、肝不全になると、肝機能の働きが20%以下になります。

つまり、犬や猫の体に入ってしまった毒素を解毒する機能をはじめ、栄養素の貯蔵や代謝、血液の循環機能が全て使えなくなるということ。そのため、肝不全になると命の危険に直結します。

肝不全の原因は?

肝不全は、特定の原因によるものではなく、さまざまなことをキッカケに発症してしまう病気です。

主な原因は、ウイルスや細菌による感染症、化学物質や重金属などの毒物による中毒があります。

ほかにも、抗けいれん薬・吸入麻酔薬などの薬物によるダメージや、熱射病・腹部外傷・敗血症などの全身性疾患も原因になるようです。

肝不全の症状は?

肝不全になると、食欲不振・嘔吐・下痢・元気がなくなるなどの異変があられますが、注意深く観察していないと見逃してしまいがちです。

ほとんどの場合、肝不全になる前になんらかの病気を発症しています。発熱したり、排便が黒かったりするケースもあるので、日ごろの健康チェックを怠らないようにしましょう。

肝不全の治療法は?

肝不全は、命に直結する病気なので、ほとんどの場合入院する必要があります。

動物病院に入院すると、輸液と抗生剤による治療と絶食を並行しながら、ビタミン剤の投薬で症状の安定をはかります。

もし、肝臓の中に膿がたまっているときは、手術で患部を切除することも…。ただ、一度の手術では膿を取りきれないことがあり、肝臓にカテーテルを刺して断続的に膿を排出するケースも珍しくありません。

症状が安定すれば、回復にあわせて徐々に食事を再開します。しかし、入院から数日はかかると考えておいてください。

ペットの犬や猫の体力的にも、とても大変な治療となるので、なるべく早い段階で症状を見つけてあげるようにしましょう。