肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱 » 犬猫の肝臓疾患について » 急性肝炎

急性肝炎

このページでは、犬と猫の「急性肝炎」の原因や症状、治療方法を紹介します。 急性肝炎とは、肝臓に急な炎症が起こる病気のこと。短期間で急激に肝臓の調子が悪くなるという点で、慢性肝炎とは対照的です。 肝臓は、ビタミンや消化酵素の生成、アンモニアなど有害物質の解毒、脂質の合成・分解など生命維持に欠かせない重要な機能を司る臓器です。急性肝炎によって肝臓が正常に機能しなくなると、最悪命を落とすこともあります。この記事では、犬猫の急性肝炎の原因と症状、そして治療法・予防法をご紹介します。

犬・猫の急性肝炎の原因

慢性肝炎とは異なり、急性肝炎の場合は比較的原因を特定しやすいとされています。とくに、具合が悪くなる直前の行動や食事に原因があることが非常に多いです。

誤飲による中毒

農薬、化学肥料、除草剤、殺虫剤、殺鼠剤、洗剤、塗料、玉ねぎなどを誤飲して肝臓が傷ついた場合などに、急性肝炎が発症することがあります。とくに化学薬品は、犬猫にとっても非常に危険。命にかかわることもあるため、すぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

細菌感染

細菌性疾患、ウイルス性疾患、原虫性疾患などが原因になることがあります。

基礎疾患

糖尿病、胆管肝炎、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、リンパ管拡張症、腫瘍などが原因で発症することがあります。

寄生虫

体内の寄生虫が原因で、急性肝炎を発症することもあります。

体への強い衝撃

交通事故などが原因で体に強い衝撃を受け、肝臓が傷ついた場合にも発症することがあります。

犬・猫の急性肝炎の症状

犬猫の急性肝炎は初期段階では無症状であることが多いですが、悪化すると以下のような症状が現れるようになります。

  • 下痢、嘔吐、食欲不振などの消火器症状
  • 元気がない
  • 黄疸(皮膚・歯茎・目・尿などが黄色くなる)
  • 多飲多尿
  • 血便、吐血
  • 震え、痙攣
  • 腹水

これらの症状が進むと、昏睡状態に陥り、最悪死に至るケースもあります。また、死に至らなかったとしても、慢性肝炎に移行することがあります。

急性肝炎の治療法・予防法

治療法

まず原因を取り除き、症状を軽くするための対症療法を行うのが基本です。例えば、抗生物質やビタミン剤を投与する、安静にさせる、輸液、食事療法を行うなどが一般的。 食事療法用の療養食やサプリメントについては、病院で出されることもありますし、ネット通販で購入することもできます。

予防法

動物病院での定期検診、食事管理などを日頃からしっかり行うことが大切です。そうすることで、小さな異変にもすぐに気付くことができるでしょう。 とくに、急性肝炎に繋がる有毒物質にペットを近づけないよう、注意しましょう。自宅ではきちんと管理できていても、散歩に出かけた先で除草剤や殺虫剤などを口にしてしまうおそれもあります。草むらや土の上などを歩かせる際は、とくに注意してください。

まとめ

食事の管理をきちんと行う、有害物質から遠ざけることがポイント。しかし、急性肝炎の原因となる有害物質を外出先で思いがけず口にしてしまうこともあるため、100%完全に予防することは難しいかもしれません。 日頃から犬猫としっかりコミュニケーションをとりつつ、少しでも異変に気づいたらすぐに診察を受けるようにしましょう。