肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱 » 犬猫の肝臓疾患について » 慢性肝炎

慢性肝炎

このページでは、犬と猫の「慢性肝炎」の原因や症状、治療方法を紹介します。

犬と猫、どちらも症状や原因、治療方法は同じです。ただ、猫は体が小さいぶん、症状が急激に悪くなることがあります。すでに発症している場合でも、これ以上悪化しないように、よく観察してあげてくださいね。

犬・猫の慢性肝炎の原因

原因について不明な点も多いですが、主に感染症や中毒、犬の場合は遺伝が挙げられます。

感染症

肝臓の炎症が長期に及ぶと、慢性皮膚炎にいたるケースがあります。そのため炎症が出る急性肺炎を引き起こすようなウイルスや細菌への感染が原因に。

慢性肺炎の引き金となりやすいウイルスは、イヌ伝染性肝炎を引き起こすイヌアデノウイルス1型や人にも感染する病原性レプトスピラ、好酸球性肝炎などが挙げられます。

中毒

体内に入った毒物が内側から犬・猫の体を蝕むことで、肝臓が弱まります。代表的な成分は銅。犬の種類によっては肝臓に溜め込んでしまうので、食事に銅を含まないように注意する必要があります。

遺伝

とくに犬の場合、犬種によっては慢性肝炎を発症しやすいため注意が必要です。

慢性肝炎が遺伝しやすい犬種

  • アメリカンコッカースパニエル
  • ラブラドールレトリバー
  • スカイテリア
  • イングリッシュコッカースパニエル
  • ベドリントンテリア
  • ドーベルマン
  • スタンダードプードル

犬・猫の慢性肝炎の症状

元気がない、食欲不振、下痢・おう吐などの症状から始まる慢性肝炎は、進行するにつれて肝硬変へと変わる病気です。

炎症からはじまり、治らないまま炎症が徐々に広がることで肝臓の機能が弱まります。肝臓で行われる解毒や炭水化物・たんぱく質などの合成や分解といった肝臓の働きが失われてしまい、さまざまな器官に影響。神経や消火器、泌尿器科なども機能不全に陥り、やがて体内の不調が食欲不振やおなかが膨れる腹水といった症状に現れます。

確認しやすいのは、「黄疸」と呼ばれる結膜や歯茎、皮膚の色が黄色くなる症状。黄疸をはじめとしたさまざまな慢性肺炎のサインに気付けないと、末期症状である肝硬変に繋がりかねません。肝硬変は完治できないため、そこまで悪化してしまうと一生涯の投薬治療が必要になります。1番良いのは慢性肝炎にならない健やかな毎日を送ることですが、より深刻な状態を避けるために慢性肝炎の時点で悪化を食い止めることも大切です。

肝炎の治療法

対症療法

慢性肝炎の原因をなくすのではなく、症状を軽くするために行う治療です。代表的なものは食事療法。たんぱく質やビタミンをバランス良く摂取することで、肝臓を労わることが可能です。

ほかにも輸液や栄養補給、安静にすることも対処療法に含まれます。

腹水への対処

腹水とは、慢性肝炎が泌尿科系に影響を与えてお腹に水が溜まってしまう症状です。症状を改善させる最初の治療として、利尿剤を使用。それでも改善できなければ注射をお腹に刺して直接吸い取る「腹水穿刺」という方法で、水を除去します。

投薬治療

特定の薬と決まっているわけではなく、慢性肝炎の症状を診て最適な投薬を行います。投薬されるのは抗酸化剤や亜鉛、銅キレート剤、免疫抑制剤、抗線維化物質などさまざま。

しかし覚えておきたいのは、あくまでも症状をおさえるための投薬であって、病気を治すまでにはいたらないということ。慢性肝炎の原因がなくなるわけではないので、投薬治療は最期までずっと続けなければいけない治療となります。

まとめ

沈黙の臓器と呼ばれる肝臓は、異常が生じていたとしてもわかりやすいサインを発してはくれません。そのため、腹水や黄疸といったショッキングな症状に直面してしか気付けず、最悪の場合は肝硬変にまでいたる可能性も。

それほど初期症状で気付くのが難しい病気なので、毎日ペットの様子をチェックするのはもちろん、動物病院での定期健診が必要です。また体を作る素となる食事にも意識して、不足した栄養バランスを補うためにペット用サプリを活用するのも良いでしょう。ここでは、犬・猫の肝臓への効果を期待できる成分を含んだサプリメントを紹介します。

肝臓によいとされる成分を含むサプリメントの詳細はこちら>>