肝臓病になった犬猫のためのペット救急箱

ペットを肝臓病から守りたい!肝臓と上手につき合っていくための百科事典

HOME » 犬猫の肝臓疾患について » 肝硬変

肝硬変

ここでは、犬と猫の「肝硬変」について、わかりやすく解説します。

肝硬変とは?

肝硬変とは、たびたび炎症を起こした肝臓の繊維組織が、炎症部分を直そうと繰り返し修復した結果、かたく変化してしまった状態のことです。

犬と猫、どちらも肝硬変の症状や原因、治療方法は同じだといわれています。人間でも発症する、とても怖い病気のひとつです。

肝硬変になると?

肝硬変になると、生きていく上で大切な役割をしている肝臓の機能が、急激に低下します。その結果、他の疾患を引き起こしてしまうのです。

初期だと、下痢や便秘といった消化器官のトラブル、食欲不振による体重減少が見られます。病状が進行するにつれて、黄疸・腹水などの症状があらわれ、末期になると死にいたるケースも…。

そもそも肝臓は、自己治癒力がとても優れている臓器です。
しかし、正常な細胞が破壊されつづけ、自己再生機能細胞による修復が間にあわなくなり、破壊された細胞が繊維化してしまいます。

肝硬変を予防するには、慢性肝炎の予防・治療が一番大切です。

肝硬変の原因は?

犬や猫が肝硬変になる、もっとも大きな原因は「慢性肝炎」と呼ばれる症状です。

慢性肝炎は、毒物や薬によるダメージで起こることもあれば、ウイルスやストレスによって引き起こされるケースもあります。四六時中、肝炎によるダメージを受け続けると、肝臓の修復機能が持ちません。そのため、肝硬変を発症してしまうのです。

では、ペットの犬が肝硬変になってしまったとき、どのような治療をするのがベストなのでしょうか。肝硬変が疑われる場合、「確定診断」と呼ばれる検査を行い、それぞれの個体にあわせた治療方法を考えます。

確定診断で行う検査は、7項目程度。
獣医さんの判断によっては、検査内容が減ったり増えたりします。

  • 血液検査
  • X線検査
  • 超音波検査
  • 肝生検
  • 組織学的検査
  • 微生物学的検査
  • 肝臓組織の銅含有量測定

治療方法は?

さまざまな検査を行った結果、肝硬変と診断されると、原因やペットの状態にあわせて治療方針を決めていきます。

原因が毒物・薬物によるものなら、これ以上摂取させないことが第一です。原因を取りのぞいた上で、獣医さんの判断で免疫性抑制薬を投与することもあります。

病状の進行がはやい場合は、「副腎皮質ホルモン製剤」「コルヒチン」などの抗繊維化薬を投薬し、進行を遅らせるようにするようです。

しかし、肝硬変が悪化した結果、肝機能のはたらきが20%以下になる「肝不全」まで進行してしまったケースは、完治するのが難しいでしょう。

ペットの肝硬変は、原因が特定できないことも多く、生涯にわたって治療をしていくことも珍しくありません。わたしたち飼い主にも覚悟が必要です。